キャンペーンでの期日の定義 - 7.0

Talend Data Stewardshipユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship

キャンペーン所有者はキャンペーンの作成時にタスクの期日を定義できます。全ての新しいタスクにはYYYY-MM-DD HH:mm:ssの形式で、自動的に期限となる日時のラベルが付けられます。キャンペーンの編集時に期日を再定義することもできます。

その後、期日を使用してキャンペーンのタスクをフィルタリングし、タスクの優先度を管理しやすくすることができます。

キャンペーン作成時における期日の定義

Procedure

  1. キャンペーンオーナーとしてTalend Data Stewardshipにログインします。
  2. Campaigns (キャンペーン) > Add Campaign (キャンペーンの追加)をクリックします。
  3. キャンペーンパラメーターの定義を開始します。
  4. Enable task resolution delay (タスク解決遅延を有効化)のとなりのスイッチをクリックして期日の計算に使用する遅延を設定します。

    期日は、キャンペーンのタスクの読み込み日時に設定した遅延時間を加算して計算されます。このオプションを無効のままにすると、タスクリストのDue Date (期日)カラムは空のままになり、レゾリューションの遅延は設定されません。

    マージングキャンペーンの期日は、マスターレコードにのみ設定されます。

  5. キャンペーンメタデータの定義を確定し、[Add Campaign] (キャンペーンの追加)をクリックします。
  6. Talendジョブを使用してキャンペーンにタスクを読み込みます。

    期日はDelay (遅延) フィールドで設定した遅延にしたがって自動的に計算されます。

    ジョブを使用してタスクを読み込む詳細については、Writing tasks in stewardship campaignsを参照してください。

  7. タスクリストで、[Due Date](期日)カラムとチャート内のバーを選択し、リストされたタスクの数を選択した日付に制限します。これにより、間もなく予定されている作業のリストを作成し、作業の優先順位を決めることができます。

    タスクをフィルタリングするさまざまな方法の詳細については、タスクのフィルタリングを参照してください。

キャンペーンの編集時における期日の再定義

キャンペーン所有者は、キャンペーン編集時にタスクの期日を再定義できます。この変更後にキャンペーンで作成された全てのタスクは、YYYY-MM-DD HH:mm:ssの形式で自動的に期日と時刻のラベルが付けられます。ただし、キャンペーンに含まれる古いタスクでは、古い遅延が維持されます。

Procedure

  1. キャンペーンオーナーとしてTalend Data Stewardshipにログインします。
  2. 期日を変更するキャンペーンをポイントし、キャンペーン名の右側に表示されている歯車アイコンをクリックします。
  3. Delay (遅延)フィールドの値を変更します。
  4. キャンペーンメタデータの編集を終了し、[Edit Campaign] (キャンペーンの編集)をクリックします。
  5. Talendジョブを使用してキャンペーンに新しいタスクを読み込みます。

    期日はDelay (遅延) フィールドで設定した新しい遅延にしたがって自動的に計算されます。元のタスクでは古い期日が維持されますが、新しいタスクの期日はすべて新しい値になります。

    ジョブを使用してタスクを読み込む詳細については、Writing tasks in stewardship campaignsを参照してください。

  6. タスクリストで、[Due Date](期日)カラムとチャート内のバーを選択し、リストされたタスクの数を選択した日付に制限します。これにより、間もなく予定されている作業のリストを作成し、作業の優先順位を決めることができます。

    タスクをフィルタリングするさまざまな方法の詳細については、タスクのフィルタリングを参照してください。