Talend Data Stewardshipインスタンスの復元 - 7.0

Talend Data Stewardshipユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship

Talend Data Stewardshipをバックアップした後は、いつでもデータベースと設定ファイルを復元できます。

バックアップファイルを復元するには、Talend Data Stewardshipのインストールフォルダーの適切な場所に貼り付ける必要があります。

始める前に

Talend Dictionaryサービスを使用する場合、操作を始める前にシャットダウンして、インデックスファイルの正確なコピーが存在することを確認します。

手順

  1. MongoDBを起動します。
  2. Talend Data Stewardshipインスタンスを停止します。
    Talend Data Stewardshipを実行中に復元できます。ただし、ホットリストアによってパフォーマンスが低下することがあります。
  3. MongoDBを復元するには、コマンドプロンプトウィンドウを開き、次のコマンドを実行します:
    <mongo_path>/bin/mongorestore -h <mongo_host>:<mongo_port> -u <mongo_tds_username> -p <mongo_tds_password> -d <mongo_tds_database> --oplogReplay <backup_location>
  4. 設定を復元するには、<path_to_installation_folder>/tds/apache-tomcat/confおよび<path_to_installation_folder>/kafka/confフォルダの内容をバックアップしたコピーに置き換えます。
  5. ログファイルを復元するには、<path_to_installation_folder>/tds/apache-tomcat/logsフォルダの内容をバックアップしたコピーに置き換えます。
  6. Talend Dictionaryサービスをインストール、使用してカスタムセマンティックタイプを作成するか、既存のものを更新する場合、次の手順を実行します。
    1. カスタムのセマンティック型を復元するには、<path_to_installation_folder>/tds/apache-tomcat/dataの内容をバックアップしたコピーに置き換えます。
    2. Talend Dictionaryサービスサーバーを復元します。詳細は、Talend Dictionaryサービスのバックアップとリカバリーを参照して下さい。

タスクの結果

Talend Data Stewardshipは、バックアップしたインスタンスの正確なコピーで復元されているはずです。