いくつかのタスクのマージ - 7.0

Talend Data Stewardshipユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
マージングキャンペーンのタスクの処理で、データスチュワードは2種類以上のソースレコードを1つのタスクにマージする必要があると判断するかもしれません。

始める前に

  • ユーザーはキャンペーン所有者によりマージングキャンペーンの参加者として定義され一部のタスクが割り当てられています。

手順

  1. [TASKS] (タスク)ページで、開く[Merging] (マージング)キャンペーンの名前をクリックします。
  2. 最初の状態かワークフローの検証状態かにかかわらず、割り当てられたタスクのリストからマージするタスクを選択します。
  3. 右側のパネルで > 選択したタスクをマージしますをクリックし。
    新しいタスクの値は、すべてのソースレコードに適用されるキャンペーンのデフォルトのサバイバーシップルールに基づいて選択されます。つまり、マージされたタスクに対して途中で行われた手動による変更は失われます。

    選択したタスクが1つにマージされ、リストの一番下に移動します。

  4. 必要に応じて、右上の元に戻す矢印をクリックしてマージを元に戻し、マージされたタスクを元の個別のタスクに分割します。