ソース環境からのデータモデルのエクスポート - 7.0

Talend Data Stewardshipユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
ターゲット環境にインポートする準備として、ソース環境から単一のデータモデルをエクスポートできます。ソース環境とターゲット環境は、同じ製品バージョンに属している必要があります。

始める前に

  • ユーザーがキャンペーンの所有者としてTalend Data Stewardshipにアクセスしていること。

手順

  1. ホームページで[Data Models] (データモデル)を選択し、エクスポートするデータモデルをポイントして、右側に表示されているエクスポートアイコンをクリックします。
  2. 開いているダイアログボックスで、[OK]をクリックして、データモデルのローカルコピーを.jsonファイルとして保存します。
    .jsonファイルは、テンプレート<data model label>_<export_date>に続く名前でローカルシステムに保存されます。エクスポートの日付は、YYYY-MM-DD HH:mm:ss-000の形式になります。

タスクの結果

データモデルのすべてのメタデータとパラメーター値は.jsonファイルの形式でエクスポートされます。これでターゲット環境または後続のリリースにファイルをインポートすることができるようになりました。