パターンを使用したタスクのフィルタリング - 7.0

Talend Data Stewardshipユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
右側のパネルの[PATTERN] (パターン)タブでは、データをフィルタリングし、誤りのある異常値や予期しない値のみを表示できます。

始める前に

  • Talend Data Stewardshipで定義したキャンペーンのいずれかでタスクリストを開いているはずです。

手順

  1. タスクリストのカラムヘッダーをクリックして、この例の EMAIL (メール)カラムのコンテンツを選択します。
  2. 右側のパネルで[Pattern] (パターン)を選択します。
    選択したカラムの値を表すすべてのパターンが右側のパネルに表示されます。
  3. フィルター処理する値のパターンをクリックするか、Shift + Ctrlキーを押しながら複数のパターンを選択して、対応するタスクを一覧表示します。
    フィルター詳細がリストの上に追加され、左上にスイッチが表示されます。
  4. スイッチをクリックすると、必要に応じてフィルタリングされたタスクリストとフィルタリングされていないタスクリストを切り替えることができます。
  5. 定義したフィルターを削除するには、リストの右上にポインターを置き、ごみ箱アイコンをクリックします。