タスク検証準備完了のマーク - 7.0

Talend Data Stewardshipユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
レゾリューションまたはマージングキャンペーンのタスクを処理する際、タスクがワークフローの最初の状態で、検証状態ではない場合、データスチュワードはタスクを個別に、または一括して検証準備完了としてマークできます。

始める前に

  • ユーザーはキャンペーン所有者によりレゾリューションまたはマージングキャンペーンの参加者として定義され、キャンペーンのタスクが割り当てられています。
  • タスクはワークフローの最初の状態でアクセスしています。

手順

  1. [TASKS] (タスク)ページで、開くキャンペーンの名前をクリックします。
  2. 処理するタスクの種類に応じて、フィールドの値を修正するか、ソースデータからマスターレコードを作成します。
  3. 右側のパネルでをクリックし、Mark tasks as ready (タスク準備完了のマーク)を展開します。
  4. Selection (選択)リストから、すべてのタスクのステータスを変更するか、タスクリストで選択したタスクのみステータスを変更します。
  5. [SUBMIT] (送信)をクリックしてタスクの状態を変更し、緑色のマークを付けます。
  6. 必要に応じて、右上の[Undo] (元に戻す)矢印をクリックして、変更を元に戻します。