Talend Dictionaryサービス REST APIドキュメントへのアクセス - 7.0

Talend Data Stewardshipユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship

REST APIにより、いくつかのメソッドまたはリクエストタイプが使用され、Talend Dictionaryサービスサーバーに保管されているデータとのやり取りが簡略化されます。

REST APIドキュメントページはすべて、Swaggerおよび実行リクエストに基づいてアクセスできます。

手順

  1. Talend Dictionaryサービスを起動します。
  2. Webブラウザーを開いて、次のURLを入力します。<host><port>は、Talend DictionaryサービスインスタンスのURLに相当します。
    http://<host>:<port>/swagger-ui.html
    デフォルトで使用されるポートは8187です。

    Talend Dictionaryサービス REST APIドキュメンテーションページが開きます。ページでは、以下に示す各種カテゴリに操作が分類されています。

  3. カテゴリー名をクリックすると、そのカテゴリーの下に操作リストが表示されます。
  4. カテゴリリストから次のように選択します:
    以下を選択します 内容
    表示/非表示 操作リストの表示または非表示
    リスト操作 操作リストの展開または折りたたみ
    展開操作 操作の詳細を展開
  5. [user-controller] (ユーザーコントローラー) > /user/loginの順にクリックし、クレデンシャルを使ってログインします。
    [Response Headers] (レスポンスヘッダー)エリアにベアラーの認証情報が表示されます。
  6. 各種操作の実行テストを開始します。

    実行した操作の結果を得るには、レスポンスからCurlコマンドを使用します。

    ログイン時に取得したベアラーの認証を認証ヘッダーの一部として含めます。例:curl -X GET --header 'Authorization: Bearer <token>' --header 'Accept: application/json' 'http://localhost:8187/categories?caseSensitive=false&isExact=false'