ターゲット環境へのデータモデルのインポート - 7.0

Talend Data Stewardshipユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship

ターゲット環境へのインポートでは、ソース環境からエクスポートした単一のデータモデルを使用します。ソース環境とターゲット環境は、同じ製品バージョンに属している必要があります。

同じ名前のデータモデルがターゲット環境にすでに存在していても、どのキャンペーンからも参照されていない場合は、インポートしたファイルで上書きし、付随するパラメーターを更新することができます。ただし、データモデルがキャンペーンによって参照されている場合、それを上書きすることはできますが、キャンペーンタスクは再計算され、タスクリストは更新されます。

始める前に

  • ユーザーがキャンペーンの所有者としてTalend Data Stewardshipにアクセスしていること。

  • インポートするデータモデルで参照されるセマンティックタイプはすべてTalend Dictionaryサービスで公開されている必要があります。

手順

  1. ホームページで[Data Models] (データモデル) を選択し、ページの上部の[Import Data Model] (データモデルのインポート)タブをクリックします。
  2. ローカルシステムにエクスポートして保存した.jsonファイルを参照し、[Open] (開く)をクリックします。

タスクの結果

インポートを確認するメッセージが表示されます。データモデルがインポートされ、データモデルリストに一覧表示されると、Modified By (変更者)およびModified On (変更日)の値がそれぞれ更新されます。