Talend Administration Centerでソフトウェアアップデートリポジトリーを設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Linux
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

Talend Artifact Repositoryをインストールして開始するとTalendソフトウェアアップデートを使用するよう設定できます。

Software Update (ソフトウェアアップデート)リポジトリーを起動して設定したら、Talend Administration Center[Configuration](設定)ページに移動して、[Software Update](ソフトウェアアップデート)グループに次の情報を入力します。

  • [Talend Update URL] (TalendアップデートURL): ソフトウェアアップデートを取得するTalendリモートリポジトリーのロケーションURL。このフィールドはデフォルトで入力されます。

  • [Talend update username](Talendアップデートユーザー名)と[Talend update password](Talendアップデートパスワード): Talendから受信したソフトウェアアップデートリポジトリーユーザーの認証情報を入力します。

  • Local repository url(ローカルリポジトリーURL): ソフトウェアアップデートが格納されているリポジトリーのロケーションURLを入力します。デフォルトではhttp://localhost:8081/です。

  • Local deployment username(ローカルデプロイメントユーザー名)とLocal deployment password(ローカルデプロイメントパスワード): ローカルリポジトリーへのデプロイ権限を持つユーザーの認証情報を入力します。デフォルトでは、talend-updates-admin/talend-updates-adminです。

  • Local reader username(ローカルリーダーユーザー名)とLocal reader password(ローカルリーダーパスワード): ローカルリポジトリーへの読み取り権限を持つユーザーの認証情報を入力します。デフォルトでは、認証情報は必要ありませんが、リポジトリーへのパブリックアクセスを無効にする場合は、認証情報を自由に定義できます。

  • Local repository ID(ローカルリポジトリーID): ソフトウェアアップデートが公開されているリポジトリーのIDを入力します。デフォルトでは、talend-updatesです。

Talend Administration Center[Software Update](ソフトウェアアップデート)ページで、利用可能なバージョンとパッチを確認し、必要に応じてダウンロードできるようになりました。