レポートの送信に使うメールサーバーを設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Linux
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
対象製品...

Big Data Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

Talend DQ Portalから送信されるデータクオリティレポートをメールで送信できるようにするためには、メールサーバーを設定する必要があります。

手順

  1. Apache Tomcatを起動し、Talend DQ Portalにログインします。
  2. ボタンをクリックし、開いたメニューで、[Configuration Management] (コマンドライン管理)をクリックして、[configuration] (設定)ページを開きます。
  3. [Select Category] (カテゴリーを選択)リストで、[MAIL] (メール)を選択します。
    SpagoBIでは、チェック/変更する必要があるパラメーターのみが表示されます。
  4. SMTPアドレス、ポート、およびレポートの送信に使用されるメールアカウントに対応するパラメーター値を編集します。
    プロファイルは3種類設定できます:
    • scheduler (スケジューラー): このプロファイルは、スケジューラーでレポートを実行する時に使用されます。

    • user (ユーザー): このプロファイルは、ユーザーがメールでドキュメントを送信できるようにするために使用されます。

    • kpi_alarm: このプロファイルは、アラーム通知を送信するために使用されます。