統計とトレースメッセージの転送をTalend JobServer用に設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
リモートで実行されるジョブについて、Talend Studioが最新の統計とトレースメッセージをTalend JobServerからフェッチする際のポートを指定できます。

手順

  1. <root>/conf/に移動し(<root>Talend JobServerパス)、TalendJobServer.propertiesを開いて編集します。
  2. メッセージ転送ポートの設定を専用とする行にポート番号を指定します。
    org.talend.remote.jobserver.server.TalendJobServer.PROCESS_MESSAGE_PORT=<port_number>

    デフォルトポートは8555です。システム内で使用可能なポートをどれでも指定できます。

  3. 統計とトレースメッセージの転送を有効にするには、以下のパラメーターをtrueに設定します。
    org.talend.remote.jobserver.server.TalendJobServer.ENABLED_PROCESS_MESSAGE=true

    Talend JobServerTalend Studioと同じマシンにデプロイされている場合は、このパラメーターをfalseに設定してサービスを無効にし、ポートのリソースを節約できます。

  4. 変更を保存してTalend JobServerを再起動すると、設定が有効になります。