実行タスクの作成時にパフォーマンスを向上できるようにTalend Administration Centerを設定する(Gitのみ) - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

Talend Administration Center[Job Conductor](ジョブコンダクター)ページで実行タスクを作成する場合、Gitリポジトリーに保存されているジョブを取得する際に時間がかかることがあります。

この場合は設定ファイルをアップデートすることもできます。それによってGitがリポジトリーを更新できないようになるため、アイテム選択の速度が上がります。

手順

  1. Tomcatを停止します。
  2. 次のファイルを開いて編集します:
    <tomcat_path>/WEB-INF/classes/configuration.properties
  3. 以下を追加します:
    git.conf.refreshDataProjectWhenSelectJob.enable=false
    推奨されるパラメーター値はtrueです。また、ローカルGitリポジトリーが更新されないようにする場合のみ無効にするようにしてください。
  4. Tomcatを再起動します。

タスクの結果

これで、Talend Administration Center[Job Conductor](ジョブコンダクター)ページのGitアイテムの選択が迅速化します。