Talend Administration Center用に緊急ユーザーを定義 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
アイデンティティプロバイダーが一時的に使用できず、Talend Administration Centerに接続する必要がある場合、一時的な緊急ユーザーを作成できます。

手順

  1. 次のファイルを開いて編集します:
    <tomcat_path>WEB-INF\classes\configuration.properties
  2. パラメーターsso.emergency.usernamesso.emergency.passwordのコメントを解除し、必要に応じて緊急ユーザーの認証情報を編集し、変更を保存します。
  3. Tomcatを再起動します。
  4. 前に定義した認証情報を使用してTalend Administration Centerにログインします。現在のセッションからログアウトすると、このユーザーアカウントは削除されます。