メモリ設定とJVM設定を編集 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Linux
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

Talend Studioの実行時および起動時のパフォーマンスが向上するよう、.iniファイルのメモリ設定を編集できます。

デフォルトでは、.iniファイルでは次のようにJVMパラメーターが設定されています。

-vmargs
            -Xms64m
            -Xmx768m
            -XX:MaxPermSize=512m
            -Dfile.encoding=UTF-8                  
ヒント: .ini設定ファイルの構成が影響するのはTalend Studioのパフォーマンスのみで、ジョブの実行自体には影響しません。

手順

  1. .iniファイルを検索して開きます。
    ファイル名はライセンスに応じて異なりますが、Talend-Studio-linux-gtk-x86_64.iniTalend-Studio-gtk-aarch64.iniTOS_XX-linux-gtk-x86_64.iniTOS_XX-gtk-aarch64.iniのいずれかとなります。
  2. システムメモリの可用性に応じてメモリ属性を編集します。例:

    -vmargs -Xms512m -Xmx1536m -XX:MaxMetaspaceSize=512m

    ヒント: 大きなプロジェクトでは、Xmxを4096mに増やす必要があります。

    詳細は、OracleのWebサイトでFrequently Asked Questions About the Java HotSpot VMをご覧ください。

64ビットシステムでメモリが8GBの場合、最適な設定は次のようになります:
-vmargs
               -Xms1024m
               -Xmx4096m
               -XX:MaxPermSize=512m
               -Dfile.encoding=UTF-8