Tomcatをクラスターモードでインストール - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

手順

  1. 1つのTomcatサーバーをインストールします。
  2. <ApplicationPath>/WEB-INF/classes/quartz.propertiesファイルを編集します。
  3. 次の行で、コマンドの先頭のハッシュ文字(#)を削除してコメントを解除します。
    #org.quartz.scheduler.instanceName = MyClusteredScheduler
    #org.quartz.scheduler.instanceId = AUTO
    #org.quartz.jobStore.isClustered = true
    #org.quartz.jobStore.clusterCheckinInterval = 20000
  4. ユーザー定義のジョブフォルダーとタスクログフォルダーを新しいTomcatインスタンスに共有します。Talend Administration Center[Configuration] (設定)ページにあるJob conductorノードで、生成されたジョブの保存先と同じフォルダー、およびログの保存先と同じフォルダーを使用することを確認します。これらのフォルダーを同期させるためには、ファイル同期ツール(Unisonなど)を使って2つのフォルダーに変更をプロパゲートさせるか、少なくとも共有ディレクトリーを使ってこれらのフォルダーを保存することをお勧めします。
  5. Tomcatを開始してTalend Administration Centerをデプロイします。