JAVA_HOMEを設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

Talend製品でマシンにインストールされているJava環境を使用するには、JAVA_HOME環境変数を設定する必要があります。

手順

  1. Javaがインストールされているフォルダーを見つけます。
    例:
    • /usr/lib/jvm/java-x-oracle
    • /usr/lib/jvm/zulu-8/bin
  2. 端末を開きます。
  3. exportコマンドを使って、JAVA_HOMEおよびPath変数を設定します。
    例:
    • export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/jre1.8.0_65
      export PATH=$JAVA_HOME/bin:$PATH
    • export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/<zulu_jdk>
      export PATH=/$JAVA_HOME/bin:$PATH
  4. 以上の2行を、/etc/profileファイルのグローバルプロファイル、または~/.profileファイルのユーザープロファイルの最後に追加します。
    ファイルを変更した後に、再度ログオンする必要があります。
    注: sudoを使ってインストーラーを実行し、システムサービスをインストールする場合は、インストールを開始する前に必ずsudo -Eを使うようにしてください。