高可用性を設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Linux
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

この機能は、タスクスケジューリングの操作継続を実現します。Talend Administration CenterTalend Administration Centerの高可用性によって主に、必要に応じてタスクをインスタンス化できるスケジューラー(quartz)が常に存在することが保証されます。詳細は、Talendの高可用性をご覧ください。

Quartzクラスターはアクティブ - アクティブ設定であるため、どのTalend Administration Centerノードでもスケジュールに従ってジョブをインスタンス化できる可能性があります。

ただし、これとTalend Administration Center Webアプリケーションの高可用性を混同しないようにしてください。後者はアクティブ - アクティブであってはならないため、ロードバランサーではなくフェールオーバー装置が表示されています。使用するTalend Administration Centerノードは常に1つのみであることが必要です。

フェイルオーバーデバイスの主なユースケースとして、サードパーティのスケジューラーを使ってTalend Administration Center MetaServlet (API)経由でジョブをトリガーする場合があります。Talend Administration Center WebアプリケーションとMetaServlet (またはそのいずれか)の高可用性が必要とされる場合は、ネットワークフェイルオーバーデバイス(ロードバランサー/プロキシなど)を使えばアクティブ - パッシブ設定を行うことができます。