Talend Artifact Repository - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Linux
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

Talendが提供するSonatype Nexusベースのアーティファクトリポジトリーは事前設定済みのアプリケーションです。これによってSoftware UpdateUser librariessnapshotsreleasesというリポジトリーの使用を一元管理できます。

  • Software Updateは、Talendによって提供されるアプリケーションアップデート(パッチ)を管理するために使用します。talend-updatesリポジトリーはデフォルトでSoftware Updateに組み込まれており、Talendにより公開されたアップデート内容を取得します。ユーザーはこのリポジトリーを使い、使用可能なアップデートを確認できます。

  • User librariesリポジトリーは、すべての外部ライブラリーを保存するために使用されます。これらのライブラリーは、起動時にTalend Studioによって取得され、talend-custom-libsリポジトリー経由でTalend Administration Centerと共有されます。

  • snapshotsリポジトリーとreleasesリポジトリーは、デプロイおよび実行するすべてのアーティファクトが格納されるカタログとして使用されます。これらのアーティファクトは、ユーザーがTalend Studioまたはその他のJava IDEで設計します。デフォルトでは、snapshotsリポジトリーは開発目的で、releasesリポジトリーは本番環境でそれぞれ使用されます。これらのリポジトリーは、実行サーバーでのデプロイメントや実行に使用可能なアーティファクトを作成します。

Talendでは、Talendサーバーモジュールと共に使用されるJFrog Artifactoryもサポートされています。アーティファクトリポジトリーを初期化するTalendスクリプトが含まれているアーカイブが、Talend Administration Centerパッケージで提供されています。