パッチをダウンロードして適用 - 7.3

Talend移行&アップグレードガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

パッチとはバグの修正が含まれているソフトウェアアップデートのことです。Talend Supportによってパッチへのアクセスが許可されているので、Talend Administration Center経由か手動でダウンロードして適用できます。

パッチを適用するプロセスは、Talend Studio/Talend CommandLineのパッチか他の種類のパッチ(ESBパッチなど)かで異なります。

技術上の制限により、パッチはアンインストールできません。そのためTalendは、本番環境にパッチを適用する前に、以下のベストプラクティスに従ってまずパッチをテストすることをお勧めします。この説明は一般的なガイダンスとしてお読みください。特定のパッチの説明についてはそのパッチとリリースノートをよくお読みください。

警告:
  • 同じプロジェクトに接続しているTalend Studioクライアントはすべて、同じパッチをインストールする必要があります。プロジェクトに接続しているStudioをアップデートする場合は、そのプロジェクトに接続しているStudioもすべてアップデートする必要があります。
  • Talend Studioの共有モードを有効にしている場合は、Talend Studioにパッチを適用する前に、その共有モードを無効にする必要があります。詳細は、Talend Studioで共有モデルを有効化をご覧ください。