インストール済みの機能を有効化/無効化 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
このセクションでは、プロジェクトにインストール済み機能を有効化または無効化する方法について説明します。インストールされた機能をプロジェクトで使う場合は、その機能をアクティブにする必要があります。

手順

  1. Talend Studioを起動して、インストール済み機能を有効化または無効化したいプロジェクトにログインします。
  2. メニューバーから[File] (ファイル) > [Edit Project properties] (プロジェクトプロパティを編集)をクリックし、表示される[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスにあるツリービューで、[General] (一般) > [Activate/Deactivate features] (機能を有効化/無効化)をクリックして、該当するビューを開きます。
    インストール済み機能はすべて階層ツリービューにリスト表示されており、機能マネージャーと同様にカテゴリー別に整理されています。
  3. 現在のプロジェクトで有効化または無効化したい機能に対応するチェックボックスを選択または消去します。
  4. 必要に応じて、[Add features] (機能を追加)をクリックし、機能マネージャーを開いて、その他の機能をインストールします。
  5. [Apply] (適用)をクリックして変更を保存します。
    求められた時に:
    • [Yes, restart] (はい、再起動します)をクリックして、現在のプロジェクトで変更が有効になるようTalend Studioを再起動します。
    • 今すぐ再起動したくない場合は、[Not now] (後で)をクリックします。変更は、次回のプロジェクトへのログイン時に有効になります。