組み込みのコンテキスト変数をリポジトリーに追加する - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

ジョブまたはルートで定義された組み込みのコンテキスト変数を新しいコンテキストグループ、または既存のコンテキストグループ(そのコンテキスト変数がグループ内に存在しない場合)に保存できます。

手順

  1. ジョブまたはルートの[Context] (コンテキスト)タブビューで、リポジトリーに追加するコンテキスト変数を右クリックし、コンテキストメニューから[Add to repository context] (リポジトリコンテキストに追加)を選択し、[Repository Content] (リポジトリのコンテンツ)ダイアログボックスを開きます。
  2. ダイアログボックスで、次のいずれかを行います。
    • コンテキスト変数を新しいコンテキストグループに追加するには、[Create new context group] (新しいコンテキストグループの作成)を選択し、[Group Name] (グループ名)フィールドに新しいコンテキストグループの名前を入力して、[OK]をクリックします。
    • コンテキスト変数を既存のコンテキストグループに追加するには、コンテキストグループを選択して[OK]をクリックします。
    警告: 組み込みのコンテキスト変数を既存のコンテキストグループに追加する場合、その変数がコンテキストグループに存在していないことをご確認ください。
    この例では、ジョブ内で定義されたコンテキスト変数passwordDB_loginという名前の新しいコンテキストグループに追加しています。
    コンテキスト変数は、定義された組み込みのコンテキストと共に、目的のリポジトリーコンテキストグループに追加され、[Contexts] (コンテキスト)タブビューでリポジトリーに保存されたコンテキスト変数として表示されます。