Talend Cloud Management Consoleに外部シノニムディレクトリーを追加 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

始める前に

接続が保存されているワークスペースに対する[Manage] (管理)権限が有効になっている必要があります。

手順

  1. [Management] (ワークスペース管理)に移動します。
  2. ページ上部の[Enrivonment] (環境)ドロップダウンリストから環境を選択します。
  3. 適切なワークスペースで[Resources] (リソース)をクリックします。

  4. [Resources] (リソース)ページで[Add Resource] (リソースの追加)をクリックし、[Directory] (ディレクトリー)を選択します。
  5. [Add Resource] (リソースの追加)ウィザードで、接続を作成するワークスペースを選択します。
  6. オプション: リソースの詳細を入力します。
  7. リソース名を入力します。
  8. [Select Resource] (リソースの選択)をクリックし、アップロードするファイルを選択します。

  9. [Save] (保存)をクリックします。
  10. リソースを使用するタスクを開きます。
  11. [Configuration] (運用設定)の横の[Edit] (編集)アイコンをクリックします。
  12. [Resources] (リソース)ステップで、シノニムディレクトリーをリストから選択します。

  13. [Runtime] (ランタイム)[Trigger] (トリガー)を選択し、[Go Live] (本番稼働)をクリックします。