JSONファイルメタデータの一元管理 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

JSONファイルを頻繁に使用する必要がある場合は、[New Json File] (新規JSONファイル)ウィザードを使ってファイル接続、XPathクエリーステートメント、およびデータストラクチャーを[Repository] (リポジトリー)で一元化することで、簡単に再利用できます。

選択するオプションに応じて、ウィザードでは入力ファイルまたは出力ファイルの接続を作成できます。ジョブにおいて、tFileInputJSONおよびtExtractJSONFieldsコンポーネントはJSONファイル/フィールドを読み込むために作成された入力スキーマを使用します。また、tWriteJSONFieldはJSONフィールドを書き込むために作成された出力スキーマを使用します。このスキーマはtFileOutputJSONでファイルに保存する、またはtExtractJSONFieldsで抽出できます。

入力JSONファイルメタデータのセットアップは、入力ファイルのJSONメタデータの設定をご覧ください。

出力JSONメタデータのセットアップは、出力ファイルのJSONメタデータの設定をご覧ください。

[Repository] (リポジトリー)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)ノードを展開し、[File JSON] (JSONファイル)を右クリックしてコンテキストメニューから[Create JSON Schema] (JSONスキーマの作成)を選択し、[New Json File] (新規JSONファイル)ウィザードを開きます。