テストケースを使ってジョブとサービスをテスト - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

Talend Studioにはテストフレームワークが備わっており、これによってテストケースを作成し、継続的インテグレーションの開発中にジョブとサービスをテストして、大型データセット処理のため実行想定どおりに動作するかどうか確認できます。

デフォルトで、このフィーチャーはTalend Studioと共には出荷されていません。機能マネージャーを使ってインストールする必要があります。 詳細は、機能マネージャーを使って機能をインストールをご覧ください。

テストケースを作成することで、以下が想定どおりに機能するかどうか確認できます。

  • データフロー
  • 1つ(または複数)のコンポーネント
  • 複数のサブジョブ

データフローを構成しない1つ(または複数)のコンポーネント、または複数のサブジョブのテストケースを作成する場合、[Create a Test Skeleton] (テストスケルトンの作成)チェックボックスは使用できず、目的のコンポーネントを手動で追加してテストケースを完了する必要があります。

このセクションでは、tMapで詳述されているジョブの例に基づいてテストケースを作成、設定、実行する方法を説明していますData Integrationジョブの例

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

サービスをテストするには、データサービスジョブを開き、データインテグレーションジョブと同じプロシージャーに従って、データサービスジョブのテストケースを作成、設定、実行します。

ジョブのテストケースを作成する前に、ジョブのすべてのコンポーネントが設定済みであることをご確認ください。