ビルド設定を指定 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

ジョブのビルド時に、再帰的ジョブおよびジョブレットの使用を許可するかどうかを設定できます。

警告: この機能は、互換性の理由からのみ保持されています。ジョブのビルド時に、パフォーマンスの問題が発生する原因となる可能性が高いため、Talend 8.0以降、新しいプロジェクトに対して再帰的ジョブおよびジョブレットを使用することはサポートされなくなります。

手順

  1. メニューバーの[File] (ファイル) > [Edit Project properties] (プロジェクトプロパティを編集)をクリックし、表示される[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスで、ツリービューにある[Build] (ビルド)をクリックして、該当するビューを開きます。
  2. 再帰的ジョブおよびジョブレットを使いたい場合は、[Allow recursive Jobs and Joblets] (再帰的ジョブとジョブレットを許可)チェックボックスを選択します。
    • 新しく作成されたプロジェクトの場合は、[Allow recursive Jobs and Joblets] (再帰的ジョブとジョブレットを許可)チェックボックスはデフォルトで消去されたままです。
    • 以前のバージョンのどれかから移行されたプロジェクトの場合は、互換性の理由から、[Allow recursive Jobs and Joblets] (再帰的ジョブとジョブレットを許可)チェックボックスはデフォルトで選択されています。
  3. [Apply and Close] (適用して閉じる)をクリックして変更を保存します。