デパーテーション化ステップの設定 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Big Data

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

手順

  1. デパーテーション化ステップを表すリンクをクリックして、[Component] (コンポーネント)ビューを開き、[Parallelization] (並列化)タブをクリックします。
    [Partition row] (パーテーション行)オプションは、[Type] (タイプ)エリアで自動的に選択されています。[None] (なし)オプションを選択すると、このリンクで処理するデータフローの並列化が無効になります。設定するリンクによっては、[Repartition row] (パーテーション行)オプションが[Type] (タイプ)エリアで利用可能となり、既に分割解除されているデータフローを再分割できます。
    この[Parallelization] (並列化)ビューでは、次のプロパティを定義する必要があります。
    • [Buffer Size] (バッファーサイズ): メモリを解放する前に処理する行数。

    • [Merge sort partitions] (分割のマージ/ソート): これによりマージ/ソートアルゴリズムを実装してデータの一貫性を確保できます。

  2. 必要であれば、メモリ容量に合わせて[Buffer Size] (バッファーサイズ)フィールドの値を変更します。この例では、デフォルトのままにしておきます。