コンテキスト設定 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
ジョブで使用するデフォルトのコンテキストパラメーターを定義できます。

始める前に

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Remote Engineをインストールしている場合は、暗黙的なコンテキストファイルとパスがRemote Engineサーバーで利用可能であることをご確認ください。

手順

  1. Studioのメインウィンドウのツールバーでをクリックするか、メニューバーで[File] (ファイル) > [Edit Project Properties] (プロジェクトプロパティを編集)とクリックして[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. ダイアログボックスのツリービューで[Job Settings] (ジョブ設定)ノードを展開し、[Implicit Context Load] (暗黙的なコンテキストのロード)チェックボックスをオンにして、暗黙的なtContextLoad機能の設定パラメーターを表示します。
  3. 自分のコンテキストを格納するファイルのタイプに基づいて、[From File] (ファイルから)チェックボックス、または[From Database] (データベースから)チェックボックスをオンにします。
  4. ファイルの場合は、[From File] (ファイルから)フィールドにファイルパスを、[Field Separator] (フィールド区切り)フィールドにフィールド区切りをそれぞれ入力します。
  5. データベースの場合は、[Property Type] (プロパティタイプ)リストで[Built-in] (組み込み)モード、または[Repository] (リポジトリー)モードを選択し、続くフィールドに入力します。
  6. [Table Name] (テーブル名)フィールドと[Query Condition] (クエリー条件)フィールドに入力します。
  7. 変数はロードされたもののコンテキストに存在しない(またはその逆の)場合に備え、受信するシステムメッセージのタイプ(警告、エラー、情報)を選択します。
  8. [Apply and Close] (適用して閉じる)をクリックして変更を適用し、ダイアログボックスを閉じます。