Hiveへの接続の作成 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

Hiveへの接続は、Hadoopディストリビューション用に定義した接続から直接作成できます。ただし、HDFSファイルへの接続の作成の説明に従い、HDFSファイルに分析を作成する時に同時にHiveへの接続を作成するという別の手順もあります。

始める前に

Profilingパースペクティブを選択済みであること。

Hadoopディストリビューションへの接続が作成済みであること。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、使用するHadoop接続を右クリックし、[Create Hive] (Hiveの作成)を選択してウィザードを開きます。
  2. ウィザードの手順に従って接続を作成し、最後の手順で[Check] (確認)をクリックして接続が正しく行われたか確認します。
  3. [Finish] (終了)をクリックします。

タスクの結果

新しいHive接続は、[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューの[Hadoop Cluster] (Hadoopクラスター)ノードと[DB connections] (データベース接続)ノードの下にリスト表示されます。

Hive接続の作成については、Hiveメタデータの一元管理をご覧ください。