SAP IDOCからのファイルの作成 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

このプロシージャーに従って、SAPサーバーのIDocファイルに接続し、XMLファイルを作成できます。この操作は次の手順で行います。

手順

  1. 作成したSAP接続を右クリックします。
  2. コンテキストメニューから[Create SAP IDoc] (SAP IDocの作成)をクリックします。
  3. [iDoc name] (IDoc名)フィールドで、SAP IDocファイルへの接続に名前を付けます。
  4. [Program Id] (プログラムID)フィールドに、使用するRFC接続で定義されているのと同じプログラムIDを入力します。
  5. [Gateway Service] (ゲートウェイサービス)フィールドに、TalendシステムがSAPシステムと通信するのに必要なサービスの名前を入力します。サービス名を取得するには、SAPサーバーがインストールされているワークステーションのC:\WINDOWS\system32\drivers\etc\にあるserviceファイルを編集します。
  6. [Output Format] (出力形式)エリアで、SAP IDocから生成する出力のタイプに応じて[XML]および[HTML]チェックボックスをオンにします。
  7. [Browse...] (参照...)をクリックしてファイルパスおよび名前を設定します。
  8. [Finish] (終了)をクリックしてダイアログボックスを閉じ、IDocファイル接続の作成を確定します。

タスクの結果

[Repository] (リポジトリー)ツリービューにあるSAP接続の[SAP iDocs]ノードの下に新しい接続が表示されます。これで、この接続をtSAPIDocInputおよびtSAPIDocOutputコンポーネントで使用できるようになりました。