結合条件の作成 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

このタスクについて

このステップはオプションです。結合条件なしでビジネスルールを作成するよう決定し、テーブル分析でWHERE句だけを使ってこのルールを使用できます。

単純なビジネスルールによるテーブル分析の例は、単純なSQLビジネスルールでテーブル分析を作成をご覧ください。結合条件を持つビジネスルールによるテーブル分析の例は、結合条件を持つSQLビジネスルールでテーブル分析を作成をご覧ください。

手順

  1. SQLビジネスルールエディターで、[Join Condition] (結合条件)をクリックし、該当するビューを開きます。
  2. [+]ボタンをクリックし、[Join Condition] (結合条件)テーブルに行を追加します。
  3. 結合条件を定義して保存します。
  4. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)フォルダーを展開し、結合条件を作成するテーブルのカラムを参照します。
    この結合条件は、テーブルAとテーブルBにある特定のカラムで比較演算子を使い、両カラムの関係を定義します。この例では、結合条件がnameという共通のカラムを持つPersonテーブルとPerson_Refテーブルにある "name" (名前)値を比較します。
    注: JOIN句を定義する際は注意が必要です。結果をわかりやすくするため、結合されたテーブルに重複値が含まれないようにすることをお勧めします。詳細は、結合条件を持つSQLビジネスルールでテーブル分析を作成をご覧ください。
  5. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューからJoin Conditionテーブルにカラムをドラッグ&ドロップします。
    ダイアログボックスが開き、そのカラムの配置場所としてTableATableBのいずれかを選択するよう求められます。
  6. テーブルにある2つのカラム間で比較条件演算子を選択し、変更を保存します。
    分析エディターで、新規作成されたこのSQLビジネスルールを"age"カラムを持つテーブルにドロップできるようになります。分析を実行すると、2番目のカラムへの結合は自動的に行われます。
    警告: ビジネスルールの追加先となるテーブルには、SQLビジネスルールで使用されるカラムが少なくとも1つ含まれていることが必要です。