新規バインドの作成 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Cloud API Services Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

手順

  1. ポートを右クリックして、[Set Binding] (バインドの設定)>[New Binding] (新規バインド)を選択します。
  2. [New Binding] (新規バインド)ダイアログボックスが表示されます。[Name] (名前)フィールドに、バインドの名前を入力します。この名前は、それが含まれるWSDLファイル内で定義されるすべてのバインドで一意である必要があります。[OK]をクリックします。
    この新しいバインドはデザインワークスペースに作成され、ポートに接続されます。
  3. デザインワークスペースで先ほど作成したバインドをクリックして、[Properties] (プロパティ)ビューを表示します。
  4. バインドの名前を指定するには、[Name] (名前)フィールドにその名前を入力するか、[Name] (名前)フィールドの横にある電球アイコンをクリックして、名前の変更のリファクタリングを呼び出します。
    電球アイコンをクリックすると、続行する前に、すべての変更したリソースを保存するように促す[Save All Modified Resources] (変更されたすべてのリソースを保存)ダイアログボックスが表示されます。
    [OK]をクリックして、[Rename wizard] (名前の変更ウィザード)が開きます。
    [New name] (新しい名前)フィールドに新しい名前を入力します。[Update references] (参照のアップデート)チェックボックスをオンにして、それが含まれるWSDLファイルにこの変更をプロパゲートさせます。[Preview] (プレビュー)をクリックして、元のソースとリファクタリングされたソースを確認します。
    [OK]をクリックして変更を確定し、ダイアログボックスを閉じます。
  5. [PortType] (ポートタイプ)フィールドをクリックして、バインドのポートタイプを設定します。現在のファイルのポートタイプが含まれるリストから、必要なポートタイプを選択できます。また、[New...] (新規...)を選択して[New PortType] (新規ポートタイプ)ウィザードを開いてポートタイプを新規作成したり、[Browse...] (参照...)を選択して[Specify Port Type] (ポートタイプの指定)ウィザードを開いたりすることもできます。詳細は、ポートタイプの設定をご覧ください。
  6. [Generate Binding Content...] (バインドの内容の生成...)ボタンをクリックして、[Binding Wizard] (バインドウィザード)を表示し、バインドの詳細を指定します。
    [Name] (名前)フィールドには、指定するバインドの名前が示されます。[PortType] (ポートタイプ)フィールドには、バインドが参照するポートタイプが示されます。現在のファイルのポートタイプが含まれるリストから、必要なポートタイプを選択することもできます。[Protocol] (プロトコル)リストで使用するバインドオプションを選択します。このオプションは、[SOAP][HTTP]です。ストラクチャー化された情報と入力された情報をやりとりする場合、[SOAP]プロトコルを使用します。アプリケーションクライアントで情報を要求またはアップデートするだけの場合、[HTTP]プロトコルを使用します。
    [SOAP]を選択すると、使用するエンコードスタイルを選択できます。
    • [document literal] (ドキュメントリテラル): ドキュメントスタイルメッセージのリテラルエンコーディング。XMLバリデーターで検証できるSOAPメッセージを送信する場合、このバインドのスタイルを使用します。SOAPメッセージ本文のすべてのデータ型はスキーマで定義されるため、WSDLパーツはスキーマエレメントを指す必要があります。

    • [rpc literal] (rpcリテラル): RPCスタイルメッセージのリテラルエンコーディング。SOAPメッセージでオペレーションメソッド名を指定して、サーバーが指定されたメソッドをディスパッチできるようにする場合、このバインドのスタイルを使用します。データ型を定義する必要があるため、WSDLパーツでXSDタイプを指定する必要があります。

    • [rpc encoded] (rpcエンコード): RPCスタイルメッセージおよびSOAPエンコーディング。SOAPメッセージでデータグラフをエンコードして、サーバーでオブジェクトデータをデシリアライズできるようにする場合、このバインドのスタイルを使用します。データ型を定義する必要があるため、WSDLパーツでXSDタイプを指定する必要があります。

    [HTTP]を選択すると、HTTPゲッターまたはセッターの作成を選択できます。
    • [HTTP GET]: GET要求は、URL値とHTTPヘッダーのセットに基づいて、Webサーバーからデータをフェッチします。要求で指定した情報を取得する場合、このメソッドを使用します。

    • [HTTP POST]: POST要求は、URLとヘッダーの後に指定された追加のデータをサーバーに送信します。リクエストのボディに含まれたデータを送信する場合、このメソッドを使用します。

    既存のバインドを変更している場合、[Overwrite existing binding information] (既存のバインド情報を上書きする)チェックボックスをオンにします。
    注: サービスエレメントの変更は、自動的にバインドにプロパゲートされません。バインドの内容を再生成して、バインドウィザードで[Overwrite existing binding information] (既存のバインド情報を上書きする)チェックボックスをオンにして、WSDLで変更を反映させる必要があります。
    [Finish] (終了)をクリックして指定を確定し、ウィザードを閉じます。
  7. [Documentation] (ドキュメンテーション)タブに、バインドに関する参照情報を入力します。
  8. 拡張機能を管理するには、[Extensions] (拡張機能)タブをクリックします。拡張機能を追加、ソート、削除できます。