トリガーをテストするための新しいレコードの作成 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

Talend Studioでは、リスト表示されたレコードに目的のレコードが見つからない場合に、トリガーのテストに使用する新しいレコードを作成できます。

このタスクについて

トリガーをテストするために新しいレコードを作成するには、以下のようにします:

手順

  1. [Select Record] (レコードの選択)ダイアログボックスで、レコードがリスト表示されているエリアを右クリックし、[New Record] (新規レコード)をクリックします。
  2. ダイアログボックスが開き、XMLエディターとビューアーが表示されます。
    トリガーのテストに使用する条件を定義するレコードを入力します。[Tree] (ツリー)タブをクリックして、レコードのツリービューを表示することもできます。
    この例では、1つのUpdateReportドキュメントが準備されます。アップデートレポートはその他のマスターデータと同様にXMLドキュメントとしてTalend MDMに保存されますが、事前定義された、静的データモデルと共に保存されます。
  3. 適切なデータモデルを[Data Model] (データモデル)リストから選択します。この例では、UpdateReportを選択します。
  4. 新たに作成したレコードがUpdateReportドキュメントではない場合は、新しいレコードがUpdateReportに書き込まれ、適格なトリガーが直接実行されるように、[Fire a change event (update report) and triggers] (変更イベント(アップデートレポート)とトリガーの起動)チェックボックスをオンにします。
    [Fire a change event (update report) and triggers] (変更イベント(アップデートレポート)とトリガーの起動)チェックボックスをオンにした後で、必要に応じて、[Enable verification by before processes] (処理前の検証を有効化)チェックボックスをオンにして、[Before Saving] (保存前)プロセスによる新しいレコードの検証を有効にします。
    このサンプルでは、[Fire a change event (update report) and triggers] (変更イベント(アップデートレポート)とトリガーの起動)チェックボックスをオフにしたままにしておきます。
  5. [Save] (保存)をクリックして変更を保存します。