データコンテナー内に新規レコードを作成 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

データコンテナー内に、1つ(または複数)のエンティティに必要な新しいデータレコードをいくつでも作成できます。

始める前に

Talend StudioからMDMサーバーに接続されており、データコンテナーが存在し、少なくとも1つのエンティティで定義済みであること。

このタスクについて

データコンテナーからデータレコードを新規に作成するには、以下のようにします:

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで、[Data Container] (データコンテナー)ノードを展開します。
  2. 新しいデータレコードを作成するデータコンテナーをダブルクリックします。
  3. 適切なMDMサーバーを選択するように求めるダイアログボックスが表示されます。
    選択が済んだら、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  4. データコンテナーブラウザーの下部を右クリックし、[New Record] (新規レコード)をクリックします。
  5. [XML Editor/Viewer] (XMLエディター/ビューアー)ダイアログボックスが開き、XMLエディターを使用して新しいデータレコードを追加できます。
    編集が終了したら[Tree] (ツリー)タブをクリックして、データレコードをツリービューで確認できます。
  6. 必要に応じて、新規に作成されたレコードがUpdateReportに書き込まれ、適格なトリガーが直接実行されるように、[Fire a change event (update report) and triggers] (変更イベント(アップデートレポート)とトリガーの起動)チェックボックスをオンにします。

    [Fire a change event (update report) and triggers] (変更イベント(アップデートレポート)とトリガーの起動)チェックボックスをオンにした後で、必要に応じて、[Enable verification by before processes] (処理前の検証を有効化)チェックボックスをオンにして、[Before Saving] (保存前)プロセスによる新規に作成されたレコードの検証を有効にします。プロセスタイプの詳細は、プロセスタイプをご覧ください。

    注: [Enable verification by before processes] (処理前の検証を有効化)チェックボックスがオンで、データレコードの検証が失敗した場合、挿入オペレーションは何の表示もなく失敗します。
  7. 適切なデータモデルを[Data Model] (データモデル)リストから選択します。
  8. [Save] (保存)をクリックして変更を確定します。

タスクの結果

新しく追加したデータレコードがデータコンテナーブラウザーの下部に表示されます。