SQLBuilderを使用してクエリーを作成 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

SQLBuilderを使用して、SQLクエリーを作成し、DBテーブルとメタデータテーブルとの間の変化を監視できます。このエディターは、すべてのDBInputおよびDBSQLRowコンポーネント(特定またはジェネリック)で使用できます。

データベーステーブルスキーマが[Repository] (リポジトリー)ツリービューに保存されていても、ジョブの組み込みディレクトリーに保存されていても、SQLbuilderを使用してクエリーを作成できます。

データベース接続の詳細を入力して、適切なリポジトリーエントリーが定義されていれば、それを選択します。

[Component] (コンポーネント)パネルの[Basic settings] (基本設定)ビューの[Query] (クエリー)フィールドにあるデフォルトのクエリーステートメントを削除します。次に[...]ボタンをクリックして、[SQL Builder] (SQLビルダー)エディターを開きます。

[SQL Builder] (SQLビルダー)エディターは、次のパネルで構成されます。

  • 現在のスキーマ

  • データベースストラクチャー

  • エディターおよびデザイナーのタブで構成されるクエリーエディター

  • クエリー実行ビュー

  • スキーマビュー

データベースストラクチャーには、リポジトリーデータベースエントリーまたは組み込み接続でスキーマが定義されているテーブルが表示されます。

エディターの右下にあるスキーマビューには、カラムの説明が表示されます。