ルートレットを最初から作成 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Cloud API Services Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

このタスクについて

Talend Studioの[Repository] (リポジトリー)ツリービューで[Routelets] (ルートレット)ノードをクリックし、ルートレットツリーを展開します。

手順

  1. [Route Designs] (ルートデザイン)> [Routelets] (ルートレット)ノードを右クリックし、コンテキストメニューの[Create Routelet] (ルートレットの作成)を選択します。
  2. [New Routelet] (ルートレットの新規作成)ダイアログボックスで、少なくとも[Name] (名前)フィールドに入力してルートレットに指定します。ルートレットを管理しやすくするために、[Purpose] (目的)[Description] (説明)などの情報を追加することもできます。

    フィールド

    説明

    [Name] (名前)

    新しいルートレットの名前を入力します。禁止文字を入力すると、メッセージが表示されます。

    [Purpose] (目的)

    ルートレットの目的、または使用中のルートレットに関する有用な情報を入力します。

    説明

    必要に応じて説明を入力します。

    [Author] (作成者)

    このフィールドは読み取り専用で、デフォルトでは現在のユーザーログインが表示されます。

    [Locker] (ロック保持者)

    このフィールドは読み取り専用で、デフォルトでは現在のユーザーログインが表示されます。

    [Version] (バージョン)

    [Version] (バージョン)フィールドは読み取り専用です。[M]および[m]ボタンを使用して、手動でバージョンを高くできます。

    [Status] (ステータス)

    リストでステータスを選択します。デフォルトでは、選択できるステータスは、[development] (開発)[testing] (テスト)、または[production] (本番)です。その他のステータスを定義するには、ステータス設定をご覧ください。

    [Path] (パス)

    このフィールドは読み取り専用で、リポジトリー内の項目アクセスパスを参照しています。項目がルートフォルダーに作成されている場合、このフィールドは空です。

  3. [Finish] (終了)をクリックし、設定を確定してダイアログボックスを閉じます。
    空の設計ワークスペースが開き、タブラベルとしてルートレット名が示されます。
  4. 必要なコンポーネントを含め、接続します。通常のルートで行うのと同じようにコンポーネントを設定します。

タスクの結果

ルートレット内にルートレットを含めることもできます。

次の手順では、通常のルートで作成したルートレットを使用します。