カスタムコンポーネントを共有 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

自分のTalend StudioがGitに接続している場合は、[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスの左にあるツリーダイアグラムにCustom componentノードが表示されます。ここで、外部ユーザーやTalend Studioにインストールされているカスタムコンポーネントを同じプロジェクトの他のユーザーと共有できます。

スタムコンポーネントはTalend Component Kitというフレームワークを使って開発できます。詳細は、Talend Component Kitを使ってコンポーネントを開発をご覧ください。

手順

  1. Studioのメインウィンドウのツールバーでをクリックするか、メニューバーで[File] (ファイル) > [Edit Project Properties] (プロジェクトプロパティを編集)とクリックして[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. ダイアログボックスのツリービューで[Custom component] (カスタムコンポーネント)ノードをクリックし、該当するビューをダイアログボックスの右に開きます。

    Talend Studioに既に自分のユーザーコンポーネントやカスタムコンポーネントをインストールしている場合、そのコンポーネントは[Custom component] (カスタムコンポーネント)ビューの左側に表示されます。

    カスタムコンポーネントは、[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスからインストールしたり、Talend Exchangeからインポートしたりできます。

    [Preferences] (環境設定)ダイアログボックスからユーザーコンポーネントをインストールする方法は、ユーザーコンポーネントフォルダーを定義する方法(Talend > コンポーネント)をご覧ください。

    外部のカスタムコンポーネントをインポートする方法についての詳細は、Talend Communityのコンポーネントをダウンロード/アップロードをご覧ください。

    また、Talend Exchangeからカスタムコンポーネントをダウンロードしてインストールする方法を示す例も紹介しています。詳細は、カスタムコンポーネントをインストールおよびアップデートする方法をご覧ください。

  3. 目的のカスタムコンポーネントまたはユーザーコンポーネントをクリックし、をクリックして、選択したコンポーネントを[Shared Components] (共有コンポーネント)リストに移動させます。

    この共有を取り消す場合は、共有を停止するコンポーネントを[Shared Components] (共有コンポーネント)リストで選択し、をクリックして、選択したコンポーネントを[Custom Components] (カスタムコンポーネント)リストに移動させます。

  4. [Apply] (適用)をクリックし、この移動を確定します。
  5. [Apply and Close] (適用して閉じる)をクリックし、ダイアログボックスを閉じます。