データ来歴 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

データ来歴は、データ送信先(出力コンポーネント)からさまざまなコンポーネントやステージを経てデータソース(入力コンポーネント)に至るデータフローを示します。データ来歴の結果は、データに実行される操作を含めて、異なるコンポーネント間のデータフローのライフサイクルをトレースします。

下に示す例は、[Repository] (リポジトリー)ツリービュー内の[Metadata] (メタデータ)ノードの下に格納されているデータベース接続項目に対して行われたデータ来歴を示します。

メタデータ項目でデータ来歴を開始するには、次の手順に従います。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービュー内で[Metadata] (メタデータ) > [Db Connection] (データベース接続)を展開し、分析するデータベース接続を展開します。このサンプルではmysqlです。
  2. データフローのライフサイクルを分析する一元管理されたテーブルスキーマを右クリックします。この例では[employees] (従業員)です。
    [Impact Analysis] (インパクト分析)ビューに、選択したテーブルスキーマを使用するジョブが表示されます。該当するフィールドに、選択したデータベース接続とテーブルスキーマの名前が表示されます。
  3. データ送信先(出力コンポーネント)からさまざまなコンポーネントやステージを経てデータソース(入力コンポーネント)に至るデータフローを分析するカラム名を[Column] (カラム) リストから選択します。この例で分析するカラムは、[Name] (名前)と呼ばれます。
    [Repository] (リポジトリー)ツリービューでNameカラムを右クリックして、コンテキストメニューから[Impact Analysis] (インパクト分析)を選択すると、このステップをスキップできます。
  4. [Data Lineage] (データ来歴)をクリックします。
    分析操作の進行状況を示すバーが表示され、分析結果がビューに表示されます。
  5. リストされているジョブを右クリックし、コンテキストメニューから[Open Job] (ジョブを開く)を選択します。
    ジョブがデザインワークスペース内に開かれます。
    データ来歴の結果は、出力カラムのNameのデータが、このカラムに書き込まれる前に通過するコンポーネントや変換を逆方向にトレースします。