DataMaskingルーチン - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

DataMaskingルーチンは、データにマスキングを実行するコードの部分です。このルーチンは、Talendジョブ内のいくつかのコンポーネントの設定で使用できます。

ルーチンにアクセスするためには、[Repository] (リポジトリー)ツリービューで[Code] (コード) > [Global routines] (グローバルルーチン) > [system] (システム)に移動し、DataMaskingをダブルクリックします。

ルーチン 説明 構文
maskCreditCardNumber 16桁のクレジットカード番号と5から12番目の定義済みの文字をマスクします。 DataMasking.maskCreditCardNumber (クレジットカード番号をマスクします)
createRandomString(int valueLength) 定義した長さのランダムな文字列を作成します。 DataMasking.createRandomString (例: DataMasking.createRandomString(5)1auA511uyd、またはA1c8jを与えます)
blurNumber ランダムな値を特定の範囲から数値に追加します。 DataMasking.blurNumber (数値をマスクします)
setDefaultValue デフォルト値を文字列として返します。 DataMasking. setDefaultValue (マスクする文字列を特定のデフォルト値に置き換えます)
createIPAdress ランダムなIPアドレスを作成します。 DataMasking.createIPAdress (IPアドレスをマスクします)
createIPAdressKeepDomain

ランダムなIPアドレスを作成し、アドレスのドメイン部分を保持します。

DataMasking.createIPAdressKeepDomain (ドメイン名を除くIPアドレスをマスクします)
createRandomDate (fromYear,toYear) 指定した時間範囲でランダムな日付を文字列として返します。たとえば、createRandomDate(1900,2016)は、1900から2016までの年の間のランダムな日付を返します。 DataMasking. createRandomDate (日付をマスクします)