入力スキーマおよびマッピングを定義 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

入力スキーマおよびマッピングを定義するには、次の手順に従います。

手順

  1. [Input mapping] (入力マッピング)タブをクリックし、入力スキーマを定義して、操作の実行に必要なパラメーターを設定します。
  2. 右側のテーブルで[parameters] (パラメーター)の行を選択し、[+]ボタンをクリックして[ParameterTree] (パラメーターツリー)ダイアログボックスを開きます。
  3. 使用するパラメーターを選択し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    追加したパラメーター(この例ではCountryCode)が新しい行に表示されます。
  4. 左側のテーブルで[Schema Management] (スキーマ管理)ボタンをクリックし、[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを開きます。
  5. 入力スキーマを定義します。
    この例のスキーマのカラムはCountryCodeのみです。
  6. [OK]をクリックし、この追加を確認してダイアログボックスを閉じます。
  7. スキーマカラムとパラメーターの間でマッピングを作成します。
    この例では、左のテーブルからCountryCodeカラムを右のparameters.CountryCode行にドロップします。
    赤色の線はカラムがマッピングされていることを表します。
    注:

    可能な場合は、タブの上部の[Auto Map] (自動マップ)ボタンを使って自動的にマッピングします。