正規表現ファイルのパスと形式を定義 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

手順

  1. [File] (ファイル)フィールドのソースファイルの完全パスを指定します。ファイルを検索する場合は、[Browse...] (参照...) ボタンをクリックします。
    注: 汎用命名規則(UNC)パス表記はサポートされていません。ソースファイルがLANホストにある場合は、まずネットワークフォルダーをローカルドライブにマッピングできます。
  2. [Encoding] (エンコーディング)[Format] (形式) で、ファイルが作成されたエンコーディングタイプとOSの形式を選択します。この情報は次の手順でフィールドを自動入力するために使用されます。リストに適切な形式が含まれていない場合は、OS形式を無視します。
    [File viewer] (ファイルビューアー)で、ロードされたファイルがすぐに確認できます。
  3. [Next] (次へ)をクリックして、スキーマストラクチャーを定義します。