複数の入力ループのシーケンスを定義 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

ループエレメント、またはフラットデータフローで入力フローの複数のループエレメントからマッピングを受け取る場合、入力ループのシーケンスを定義する必要があります。このシーケンスの最初のループエレメントがプライマリループになるため、このシーケンスに関連する変換処理では、最初にこのエレメントでのループが実行され、出力データがこのエレメントの値でソートされます。

たとえば、この図ではtypesエレメントがプライマリループになり、出力データはこのエレメントの値でソートされます。

この場合、1つの出力ループエレメントが複数の入力ループエレメントを受け取り、ループエレメントの横、またはフラットデータフローを示すテーブルの先頭に[...]ボタンが表示されます。ループのシーケンスを定義するには、次の手順に従います。

手順

  1. [...]ボタンをクリックすると、上記のシーケンス設定ウィンドウが開きます。
  2. 上向きまたは下向きフラッシュボタンを使用して、シーケンスを変更します。