一時フォルダーパラメーターを定義 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Studioでアーティファクトをデザインして、Talend Cloud Management Consoleでタスク実行中に一時フォルダーを使用できるようにできます。

始める前に

  • StudioでTalend Cloudライセンスを設定しました。

このタスクについて

Talend Cloud Management Consoleでタスクの実行時に一時フォルダーが必要な場合は、このコンテキストパラメーターを使用します。タスクがトリガーされる前に一時フォルダーが作成され、タスクにあるどのアクションでも使用できるようになります。フォルダーはタスク実行後に削除されます。

手順

  1. tFixedTaskInputコンポーネントを使用してアーティファクトを作成し、2つのカラムと2つのデータ行を生成し、tFileOutputRawコンポーネントを使用してデータを2つのファイルに書き込みます。

    コンポーネントを設定するには、コンテキスト変数を使用します。

    tFileOutputRawコンポーネントにあるファイルは、context.resource_flow_temp_folder+"/"+context.parameter_oneというパターンを使って定義します。

  2. パレットから3つのtJobLogコンポーネントをドロップします。
  3. 最初のtJobLogOnSubjobOkリンクで最初のtFixedFlowInputにリンクします。
    tJobLogで次のログメッセージを定義します: "Working Folder is: " (作業用フォルダー:) + context.resource_flow_temp_folder

  4. tFileOutputRawのリンクで、2番目と3番目のtJobLogコンポーネントをOnComponentOkコンポーネントにリンクします。
    ログメッセージを定義します: "Wrote file: " + ((String)globalMap.get("tFileOutputRaw_1_FILENAME_PATH"))および"Wrote File: " + ((String)globalMap.get("tFileOutputRaw_2_FILENAME_PATH"))
  5. [Contexts] (コンテキスト)ビューの下部の[+]ボタンをクリックして、テーブルに3行追加します。

    このタブがStudioに表示されない場合は、[Show View] (ビューを表示) > Talendをクリックし、[Contexts] (コンテキスト)を選択します。

  6. コンテキストパラメーターはすべて小文字で定義します:
    1. 一時ファイルの場合は、resource_flow_temp_folderの形式にします。
    2. この例では、パラメータータイプを[String] (文字列)に設定し、[Value] (値)フィールドの一時フォルダーにパスを設定しています。
      必要に応じて、File (ファイル)またはDirectory (ディレクトリー)にパラメータータイプを設定できます。
    3. 作成するファイルについては、parameter_<parameter_name>の形式にします。
  7. Studioでアーティファクトを実行してテストします。
    一時フォルダーは、指定したディレクトリーの2つのファイルで作成されます。
  8. [Repository] (リポジトリー)ツリービューでアーティファクトを右クリックし、[Publish to Cloud] (クラウドに公開)を選択します。
  9. [Open Job Task] (ジョブタスクを開く)をクリックします。
  10. パラメーターを設定した後に、Talend Cloud Management Consoleでアーティファクトを実行します。
  11. tJobLogコンポーネントにより生成されるログメッセージを確認します。

    ログメッセージには、タスク実行中に一時フォルダーが作成されたことが示されます。