分析での変数を定義 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

始める前に

Profilingパースペクティブでデータベース分析を作成済みであること。

手順

  1. [Contexts] (コンテキスト)ビューの下部の[+]ボタンをクリックして、テーブルに行を追加します。
    postal_codeカラムのプロファイリングを行い、開発環境では15、本番環境では75で始まる郵便番号を分析すると仮定します。さらに、2つの環境で分析別に同時接続を許可するとします。
  2. [Name] (名前)フィールドをクリックして、作成する変数の名前を入力します。
    この例ではwhere_clauseが最初の変数です。
  3. 前述の手順を繰り返し、異なるコンテキストにすべての変数を定義します。
    この例では、Testコンテキストのwhere_clause変数の値をpostal_code like '15%'に、Prodコンテキストのこの変数の値をpostal_code like '75%'に設定します。分析ごとの同時接続の値を、開発環境では3に、本番環境では5に設定します。
  4. ビューの下部にあるをクリックすると、Studioリポジトリーで作成および一元化したコンテキストをインポートして、現在の分析で使用できます。