コンソールに特殊文字を表示する - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

Talend Studioでは、コンソールに特殊文字を表示できます。たとえば中国語、日本語、韓国語の文字を表示する場合は、ジョブまたはルートを実行する前に次の手順に従います。

手順

  1. [Advanced settings] (詳細設定)タブを選択します。
  2. このタブビューの[JVM setting] (JVM設定)エリアで[Use specific JVM arguments] (特定のJVM引数の使用)チェックボックスをオンにし、[Argument] (引数)テーブルを有効にします。
  3. [Argument] (引数)テーブルの横の[New...] (新規...)ボタンをクリックすると、[Set the VM argument] (VMの引数の設定)ダイアログボックスが表示されます。
  4. ダイアログボックスに-Dfile.encoding=UTF-8と入力します。
  5. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。