複数のエンティティから単純型エレメントにマッピングされたマッチングキーを使用してマッチングルールを定義するサンプル - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

以下の例では、CustomerデータモデルのCustomerエンティティ内に定義された外部キーでリンクしたエンティティCustomerとエンティティAddressの両方から、単純型エレメントにマッピングしたマッチングキーを使用して、マッチングルールを定義する方法を紹介します。

始める前に

  • データモデルCustomerとその対応するデータコンテナーCustomerが既に存在することを確認します。
  • CustomerエンティティにCustomerデータモデル内のAddressエンティティとの間に外部キー関係があることを確認します。

手順

  1. マッチングルールを作成の説明に従い、マッチングルールを作成します。
    この例では、マッチングルールMatchCustomerを作成します。
  2. 必要に従ってマッチングルールを定義します。
    この例では、次の3つのマッチングキーを追加します: CustomerNameCityStreet
  3. マッチングルールをCustomerエンティティに添付します。

    この例では、マッチングキーCustomerNameCustomerエンティティのnameエレメントにマッピングされ、Cityが、Customerエレメントとの間に外部キーの関係を持つAddressエンティティのcityエレメントにマッピングされ、StreetAddressエンティティのstreetエレメントにマッピングされます。

    XPathカラムの[...]ボタンをクリックして[Select Element] (エレメントの選択)ダイアログボックスを開き、マッチングキーをエレメントにマッピングした後で、必ずルートレベルの単純型エレメントのみを選択してください。