Oracleの再実行/アーカイブログモードで変更されたデータを抽出する - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

CDC環境の設定後、CDC Oracleコンポーネントを使用してソースシステムから変更データを抽出するために、Talend Studioでジョブを設計できます。

CDCをOracleデータベースで使用する場合は、次のように進めます。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューからソーステーブルを設計ワークスペースにドロップして[Components] (コンポーネント)ダイアログボックスでtOracleCDCコンポーネントを選択し、[Palette] (パレット)から設計ワークスペースにtLogRowをドロップします。さらに、[Row Main] (行メイン)接続を使用して2つのコンポーネントを相互にリンクします。
  2. tOracleCDCをダブルクリックして、その[Basic settings] (基本設定)を表示します。
    ここでは、[Repository] (リポジトリー)ツリービューにローカルに保存されたCDCに関連する接続情報を使用したため、[Property type] (プロパティタイプ)[Repository] (リポジトリー)に設定されています。すべての接続フィールドが自動的に入力されます。
    [Schema using CDC] (CDCを使用するスキーマ)[Repository] (リポジトリー)が選択されており、この方法では、Oracleソーステーブルに対応するスキーマは自動的に取得されます。
    変更データを保持するソーステーブルの名前が[Table using CDC] (CDCを使用するテーブル)フィールドに表示されます。この例では、テーブルはCLIENTと呼ばれています。
    注: [CDC Log Mode] (CDCログモード)チェックボックスはオンになっています。これは、CDC環境の設定時に、このモードを選択したためです。
  3. [Events to catch] (キャッチするイベント)オプションで、キャッチするイベントに対応するチェックボックスをオンにします。この例では、Insert (挿入)、Update (アップデート)、およびDelete (削除)の3つのイベントをキャッチします。
  4. ジョブを保存し、F6を押して実行します。

タスクの結果

コンソールで、[View All Changes] (すべての変更を表示)ダイアログボックスで表示される内容に相当する出力結果を見ることができます。