データベース接続のテーブルとビューをフィルタリングする - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

データベース接続の下に表示されるテーブルとビューにフィルターを適用できます。

Studioが接続しているデータベースにあるテーブルの数が非常に多い場合に、このオプションは非常に便利です。その場合、メッセージが表示され、データベース接続のテーブルにフィルターを設定するよう指示されます。それを行うと、[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューには定義されたテーブルのみが表示されます。

始める前に

Profilingパースペクティブでデータベース接続が作成されていること。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、[Metadata] (メタデータ)を展開します。
  2. フィルターを適用するテーブルとビューが属するデータベース接続を展開し、希望するカタログまたはスキーマを右クリックします。
  3. [Table/View Filter] (テーブル/ビューフィルター)を選択し、該当するダイアログボックスを表示します。
  4. 該当するフィールドでテーブルとビューのフィルターを設定し、[Finish] (終了)をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

タスクの結果

設定したフィルターに一致するテーブルとビューのみが[DQ Repository] (DQリポジトリー) ツリービューに表示されます。