正規表現を再取得するジョブの生成 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

Talend StudioProfilingパースペクティブでインターネットライブラリーhttp://regexlib.comから正規表現を取得し、csvファイルに書き込む自動化されたジョブを生成できます。

その後、[Import Patterns] (パターンをインポート)オプションを通してこれらの正規表現をTalend Studioにインポートできます。

始める前に

Profilingパースペクティブを選択済みであること。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、[Libraries] (ライブラリー) > [Patterns] (パターン)と展開します。
  2. [Regex]フォルダーを右クリックします。
  3. コンテキストメニューから[Generate jobs] (ジョブの生成) > [Get Patterns] (パターンを取得)を選択します。

    生成されたジョブでIntegrationパースペクティブが開きます。

  4. ワークスペースでtFindRegexlibExpressionコンポーネントを選択して[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  5. [Key Words] (キーワード)フィールドに再取得する正規表現の名前を入力します。
  6. 必要に応じて、他の2つのコンポーネントをクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、任意のコンポーネントのパラメーターを編集します。
  7. ジョブを保存し、F6を押して実行します。
    操作の進行状況を示すメッセージが表示されます。

タスクの結果

指定された正規表現すべてがインターネットライブラリーから再取得され、csvファイルに書き込まれます。これで、[Import Patterns] (パターンをインポート)オプションを使って、再取得した正規表現をStudioにインポートできるようになります。詳細は、正規表現またはSQLパターンをcsvファイルからインポートするをご覧ください。