複数のプロジェクトをインポート - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

注: インポートしたいプロジェクトの名前がリモートプロジェクトでまだ使用されていないことを確認します。これを怠ると、ローカルプロジェクトとリモートプロジェクトを2つの異なるワークスペースディレクトリーに保存しない限り、プロジェクトをインポートする際にエラーメッセージが表示されます。

手順

  1. Studioのログインウィンドウから[Import an existing project] (既存のプロジェクトをインポート)を選択し、[Select] (選択)をクリックして[Import] (インポート)ウィザードを開きます。
  2. [Import several projects] (複数のプロジェクトをインポート)をクリックします。
  3. インポート元のソースに応じて、[Select root directory] (ルートディレクトリーに選択)または[Select archive file] (圧縮ファイルの選択)をクリックします。
  4. [Browse...] (参照...)をクリックして、特定のプロジェクトフォルダーからワークスペースディレクトリーまたは圧縮ファイルを選択します。
    デフォルトで、選択可能なワークスペースは現在のリリースのものです。インポートするプロジェクトが含まれる、以前のリリースのワークスペースまたは圧縮ファイルに移動します。
  5. [Copy projects into workspace] (プロジェクトをワークスペースにコピー)チェックボックスをオンにし、インポートするプロジェクトを移動しないで、そのコピーを作成します。
    このオプションはルートディレクトリーから複数のプロジェクトをインポートする場合にのみ使用できます。
    注: インポート元のTalend Studioワークスペースディレクトリーから元のプロジェクトフォルダーを削除する場合は、このチェックボックスをオフにします。バックアップのために、このオプションを選択したままにしておくことを強く推奨します。
  6. 既存のプロジェクトが[Projects] (プロジェクト)リストに表示されないようにするには、[Hide projects that already exist in the workspace] (ワークスペース内の既存のプロジェクトを非表示にする) チェックボックスをオンにします。このオプションは複数のプロジェクトをインポートする場合にのみ使用できます。
  7. [Projects] (プロジェクト)リストでインポートするプロジェクトを選択し、[Finish] (終了) をクリックして操作を有効にします。

タスクの結果

プロジェクトが正しくインポートされると、インポートされたプロジェクトの名前がログインウィンドウの[Project] (プロジェクト)リストに表示されます。

これで、インポートしたプロジェクトを選択して、Talend Studioで開くことができるようになりました。[Finish] (終了)をクリックして、Studioを起動します。

注: アプリケーションを起動すると、生成初期化ウィンドウが開く場合があります。初期化が完了するまで待ちます。