ルックアップ内部結合リジェクト - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

内部結合は一種のルックアップ結合で、内部結合リジェクトテーブルは、特定タイプのリジェクト出力となります。これにより内部結合の確立失敗後、メイン行テーブルからリジェクトデータが収集されます。

出力フローをリジェクトされた内部結合データのコンテナーとして定義するには、[Map Editor] (マップエディター)でジョブに接続する出力コンポーネントを新規作成します。さらに[Map Editor] (マップエディター)で、次の手順に従います。

手順

  1. 出力テーブルの上部の[tMap settings] (tMap設定)ボタンをクリックして、テーブルプロパティを表示します。
  2. [Catch lookup inner join reject] (ルックアップ内部結合リジェクトのキャッチ)に対応する[Value] (値)フィールドをクリックして表示される[...]ボタンをクリックし、[Options] (オプション)ダイアログボックスを表示します。
  3. [Options] (オプション)ダイアログボックスで、[true] (真)をダブルクリックするか、選択してから[OK]をクリックして設定を確定し、ダイアログボックスを閉じます。